CHECK!2022年最新のオススメサイドFIRE本3選

副業始めるならストック型?フロー型?二刀流で稼ぐ私たちが『副業の型』を徹底解説

副業始めるならストック型?フロー型?二刀流で稼ぐ私たちが『副業の型』を徹底解説
お悩み
お悩み

副業を始めたいけど、どんな副業が良いんだろう…

副業に興味を持っているけれど、『どの副業が自分に合っているか分からない』と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

実際、私たちもそうでした。

そんな方は、まず『副業の型』を理解することをオススメします。

実は、一括りに副業と言っても、『型』が違えば稼ぎ方や働き方が全く異なります。

それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った副業を選びましょう。

この記事の内容

『フロー型』『ストック型』の両方の副業を行っている私たちが、副業の「型」を徹底解説します。

『副業 の型』とは?

副業は、下記2つの「型」に分かれます。

  1. フロー型の副業
  2. ストック型の副業

稼ぎ方や働き方が大きく異なりますので、副業をはじめる前に『副業の型』を、しっかり理解しておきましょう。

フロー型の副業とは

フロー型副業 =
作業対価として報酬が発生する

フロー型の副業とは、作業の対価として一過性の報酬が発生するものです。

依頼された作業を行う対価として報酬をもらうため、

  • 報酬を得るための作業が都度必要となる
  • 逆に言うと、作業をこなすことで確実に報酬を得ることができる

の2点が特徴です。

くろや夫
くろや夫

「労働収入」を言うこともできるね

フロー型副業の具体例

フロー型の副業の具体例は下記です。

例えば、こんな副業
  • 動画編集
  • ライター
  • せどり
  • データ入力
  • 英文翻訳 etc…

一般的に副業と言うと、このようなフロー型副業を想像する方が多いと思います。

時給性のアルバイトも、フロー型と言うことができます。

フロー型副業の稼ぎ方・働き方

ご説明の通り、フロー型の副業、依頼された作業の対価として報酬を得ます。

例えば、私たちが行なっている動画編集では、下記のような流れで報酬を得ています。

動画編集の副業の場合

クライアントからの依頼を受ける

YouTube用動画など動画編集の依頼を受けます。

動画編集作業を行う

依頼内容に沿って、動画編集をします。

納品することで、報酬が発生する

STEP2で編集した動画を納品します。
納品した動画の対価として、依頼主から報酬を受け取ります。

STEP1で受注すると、STEP2で作業を行い、STEP3で納品することで報酬を得ることができます。

フロー型の副業で稼ぐということは、STEP1〜3を繰り返し行なっていくということです。

着実に稼げるので、副業初心者はフロー型から手をつけることをおすすめします。

一方、デメリットもあるので注意が必要です。

フロー型副業のメリットデメリットは下記にまとめているので、興味ある方はご覧ください。

フロー型副業のメリット&デメリット!初心者はまずフロー型にチャレンジすべし

ストック型の副業とは

ストック型副業 =
コンテンツが継続的な収益を生み出す

ストック型の副業とは、作成したコンテンツが価値を生み出すことで、継続的な報酬が発生するものです。

コンテンツが価値を生み出すという点から、

  • 作業ではなく価値に対して報酬が発生
  • 価値のあるコンテンツを作る必要があるが、軌道に乗れば継続報酬が発生

の2点が特徴です。

フロー型に比べてイメージが湧きにくいと思うので、具体的をみていきましょう。

ストック型副業の具体例

ストック型副業の具体例は下記です。

例えば、こんな副業
  • ブログ
  • YouTuber
  • note
  • コンテンツ有料販売 etc…

一番身近なのはYoutuberですね。

Youtuberは動画1本=××円でなく、動画が生み出す価値により、報酬が決まります。

・頑張って動画を作っても誰にも見られなければ報酬ゼロ
・数本の動画でも、爆発的に伸びれば青天井に稼げる

といった感じで、稼げないリスクもありますが、夢のある副業です。

くろや夫
くろや夫

簡単にいうと「不労所得」だね

ストック型副業の稼ぎ方・働き方

例えば、私たちが運営しているブログの副業では、下記のような流れとなります。

ブログの副業の場合

ブログ記事を作成する

ブログ記事執筆=コンテンツ作成を行います。

価値が生まれる

記事の有用性が高いと、PV数が伸びます。

報酬が発生する

プログの価値に対して、広告収益が発生します。

フロー型の副業ではSTEP1〜3までがセットでしたが、ストック型の副業ではSTEP1からSTEP2に進めず、報酬が得られない場合もあります。

一方、一度価値のあるコンテンツを作ってしまえば、あとは寝ていても収益が発生します(STEP2〜3が繰り返し行われるイメージ)

ストック型の副業で稼ぐためには、いかに価値のあるコンテンツを作るかが肝です。

正直、フロー型に比べて稼ぐ難易度は高いですが、不労所得を得られるのは大きな魅力です。

資産形成目標があるなど、長期で腰を据えて取り組める方に向いています。

実際の体験談含め、メリットデメリットは下記の記事で詳しく解説しています。

ストック型副業のメリット&デメリット!長期で資産形成するなら不労所得を育てよう

『フロー型』『ストック型』副業
まとめ

本記事では、副業の2つの型『フロー型』『ストック型』について解説しました。

この記事のまとめ

『副業の型』を理解した上で、自分にあった副業を選びましょう。

  1. フロー型副業
    作業対価として、一過性の報酬が発生
  2. ストック型副業
    コンテンツが価値を生み出すことで、継続的な報酬が発生

最後に、加速度的に資産を増やしたい方に、資産2,000万円超の私たちが実践している、副業×株式投資の資産形成法をご紹介します。

副業と株式投資でお金が増える好循環を作りましょう。

【株式投資×副業】二刀流の資産形成術!FIREを目指す20代夫婦のお金の増やし方【株式投資×副業】二刀流の資産形成術!資産2,000万円を突破した20代夫婦のお金の増やし方

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA