CHECK!2022年最新のオススメサイドFIRE本3選

【動画編集PC】MacとWindows おすすめはどっち?比較観点をご紹介

【動画編集PC】MacとWindows おすすめはどっち?比較観点をご紹介
悩み
悩み

動画編集PCって「Mac」と「Windows」どっちが良い?

動画編集をはじめる際、PCを「Mac」にするか「Windows」にするか、悩みますよね。

実際、私たちも同じ悩みを抱えていました。

長く使っていくものなので、しっかり比較して自分にあったPCを選びたいですよね。

この記事の内容

動画編集を副業にしている私たちが、動画編集PC「Mac」と「Windows」どちらを選ぶべきかについて解説します。

結論から言うと、「Mac」「Windows」どちらを選んでも、動画編集をすることは可能です。

この記事を参考にしながら、あなたのこだわりに合わせてPCを選んでみましょう。

MacでもWindowsでも動画編集は可能

繰り返しになりますが、

「Mac」でも「Windows」でも、同じレベルの動画編集が可能です。

基本的に、Macではできない編集、Windowsではできない編集はありません。

動画編集PCの優劣は、OS(Mac or Windows)ではなく、CPU性能やメモリ容量で決まります。

なにで選ぶ?

「Mac」「Windows」どちらでも動画編集が可能であれば、どの基準でPCを選べば良いのか、悩みますよね。

これから紹介する内容を参考にしながら、あなたのこだわりに合わせて動画編集PCを選んでみましょう

結局、しっくりくるPCで作業をした方が気持ちも乗り、作業効率は上がります。

まずは、Macユーザーの私たちの目線から、”こんな人にはMacがおすすめ”を紹介します。

こんな人にはMacがオススメ

Macにブランド価値を感じる

あなたは、下記についてどう考えますか?

  • Macで動画編集ってなんかカッコイイ
  • Macってなんか気分上がる
  • Macってオシャレだよね

一つでも共感できた場合は、Macを検討する価値があります。

Macの方が動画編集を頑張れるのであれば、Macを選ぶべきでしょう。

え、それだけ…?と思われたかもしれません。

しかし、動画編集スキルを身につけるためには、勉強や地道な作業の積み重ねです。

Macを使うことで、少しでもモチベーションが維持できるのであれば、ぜひ検討してみてください。

くろや夫
くろや夫

ちなみに、僕たちがMacを選んだ理由も「Macがカッコイイから」です。

くろや妻
くろや妻

単純!笑

Apple製品を使っている

iPhoneやiPadなど、Apple製品を使っている方にも、Macがオススメです。

Apple製品との互換性があるため、データ共有などいろんな場面で作業効率が上がります。

私たちが動画編集時によく使っているApple製品ならでは機能を下記にご紹介します。気になる方はご覧ください。

AirDrop(データ共有)

動画編集では、iPhoneで撮った動画をPCに送るシーンは少なくないです。

毎回メールで送ったり、共有フォルダにアップロードするのは手間ですよね。

そんな時に便利なのが「AirDrop」です。

iPhoneで撮った動画をボタン一つでサクッとMacに共有することができます。

AirDrop(エアドロップ)は、Apple製デバイス同士であれば、写真や書類などのコンテンツを簡単に共有(送受信)できるという便利な機能です。

https://www.e-tamaya.co.jp/html/tamachan-tsushin/airdrop.php

メモ帳共有

Apple製品では、デフォルトでメモ帳の同期がされています。

iPhoneやiPadでメモした内容を、Macでも確認することが可能です(逆もしかり)。

作業効率がグッと上がる便利機能です。

PC選びの時間を最小限に抑えたい

Macは、機種ラインナップがシンプルです。

動画編集ができるMacと言えば、購入する型番はほぼ決まるでしょう。

一方で、Windowsはいろんなメーカーが機種を出しています。

同じスペックのPCでも、選択肢はかなり多くあります。

PCはさっさと選んで、はやく動画編集をはじめたい!という方は、ラインナップがシンプルなMacを検討すると良いでしょう。

自宅以外でも作業をしたい

Macは、比較的薄く軽量なので、持ち運びに便利です。

動画編集は、PC1台あればどこでも作業できます。

カフェや旅行先での作業を想定している場合は、持ち運びしやすいMacがオススメです。

くろや夫
くろや夫

気軽に持ち運びができるのは助かっているよ

こんな人にはWindowsがオススメ

コスパ重視

同スペックのPCを比較した場合、MacとWindowsでは、Windowsの方が安価です。

コスパ重視の方は、Windowsを選ぶことをオススメします。

同スペックPCの比較

価格がどれぐらい違うのか?を知るため、実際に比較してみましょう。

今回は動画編集PCとして不足ない、CPU8コア・i9プロセッサで比較していきます。

MacBook:30万円前後

Windows:20万円前後

これは一例ですが、全般的にWindowsのコスパに優れています。

2022/1追伸

Macで動画編集をする場合、これまでは最上位モデルのMacBookProが必要でした。

しかし、MacBookAirにM1チップ(Appleが独自開発した高性能チップ)が搭載されたことにより、MacBookAirでも一通りの動画編集が可能になっています。

これにより、Windowsとのコスパの差はグッと小さくなっています。

MacBookAirも決して安い買い物ではないですが、一度チェックしてみる価値はあります。

操作性に慣れている

MacとWindowsでは使い勝手が若干異なります。

Windowsに慣れている方は、最初のうちはMacは操作しずらいと感じるかもしれません。

操作性に慣れているWindowsを選ぶ、というのも良いでしょう。

PCスキルに不安がある

Macに比べて、Windowsは圧倒的にユーザ数が多いです。

ユーザ数が多いぶん、ネットなどに落ちている情報量も多いです。

PCを操作していると、

  • この設定はどうすれば良いの?
  • PCがおかしくなったけど対処法は?
  • これはどう操作すれば良いの?

などなど、いろいろと分からないことが出てきますよね。

ユーザ数の多いWindowsは、大抵のお悩みはググれば解決できます。

PCスキルに不安がある方は、情報量が多いWindowsをオススメします。

動画編集PC(Mac・Windows)
まとめ

動画編集PCは「Mac」と「Windows」どちらがオススメかを紹介しました。

この記事のまとめ

Macを選んでもWindowsを選んでも、動画編集は可能です。

自分のこだわりに合った動画編集PCを選んでみてください。

  • こんな人にはMacがオススメ
    ・ブランド価値を感じる
    ・Apple製品を使っている
    ・PC選びの時間を最小限に抑えたい
    ・自宅以外でも作業をしたい
  • こんな人にはWindowsがオススメ
    ・コスパ重視
    ・操作性に慣れている
    ・PCスキルに不安がある

下記の記事では、動画編集を副業にするメリット&デメリットや、オススメの勉強本をご紹介しています。

動画編集の副業を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

動画編集を副業にするメリット&デメリット動画編集の副業はオワコン?実際に稼ぐ私たちがメリット&デメリットを解説 Premiere Pro(プレミアプロ)オススメ勉強本【未経験から動画編集】PremiereProオススメ勉強本3選!スキル/目標別にご紹介

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA