CHECK!2022年最新のオススメサイドFIRE本3選

米国株を利上げ&円安を経てガチホした結果を大公開!GAFAMはやっぱり強かった

米国株を利上げ&円安を経てガチホした結果を大公開!GAFAMはやっぱり強かった
疑問
疑問

利上げ&円安のアメリカ株への影響は?

アメリカFRBの利上げにより、株価は下落基調。歴史的な円安ドル高になっています。

そのため、下記のような疑問・不安を抱えている人もいると思います。

  • 「運用成績への影響は…?」
  • 「アメリカ株の買い時はいつ?」
  • 「アメリカ株投資の円安のメリット・デメリットって何?」

1年間アメリカ株をガチホした結果から、それらの疑問に応えます。

これから米国株投資を始められる方に見ていただきたい内容です。

この記事の内容
  • 利上げ&円安を経たアメリカ株の運用成績を大公開!
  • 利上げ&円安のメリット・デメリットをご紹介

アメリカ株の運用ポートフォリオ

アメリカ株ポートフォリオ

私たちは、2021年夏に総額700万円弱のアメリカ株を購入し、現在まで継続保有しています。

当時の購入画面

初回は、2021/8/16にアマゾンとマイクロソフトを購入しました。

米国株は日本株と異なり、1株ずつ購入できますので、コツコツと買付してきました。

2021/8/16-2022/8/16 ドル円為替レート

なお、ドル円の為替レートとしては、「1ドル=109円〜115円」の時に購入しました。

2022/8現在は「1ドル=134円」ですから、相当な円安が進む中、保有し続けたことになります。

くろや夫
くろや夫

1年間ガチホした運用成績を大公開します!

利上げ&円安を経た運用成績は?
アメリカ株を1年間ガチホした結果を大公開

運用成績(2021/8-2022/8)

各銘柄の利上げ&円安を経ての運用成績は、上記のとおり。

各銘柄の運用利回りは下記となります。

銘柄名為替影響なし利回り為替影響あり利回り
アップル13%32%
アマゾン-13%7%
アルファベット-11%5%
マイクロソフト+1%19%
セールスフォース-23%15%
運用成績(為替影響あり/なし)

つまり、

  • アップル・マイクロソフトは、為替影響なしでもプラス
  • マイクロソフト・アルファベットは円安の影響を経てプラス
  • セールスフォースは、為替影響ありでもマイナス

ということになります。

利上げ&円安を経た運用成績は?
考察(メリット・デメリット)

利上げでハイテク株は暴落

2021/8/16-2022/8/16 NASDAQ総合指数

保有期間(2021/8/16-)で、NASDAQ総合指数は最大30%程下落しました。

暴落のメカニズムを簡単にいうと下記です。

  • 利上げで債券の投資利回りが上昇
  • これまで株に投資していた資金を一部引き上げ、債券に投資
  • 株を売る人が増えるので株価は暴落

また、ハイテク株は将来の成長期待で買われているので、こういった局面では、真っ先に売られやすいです。

結果、新聞などの通説どおり「利上げでハイテク株は暴落」しました。

企業業績悪化で株価に下落圧力

日経新聞記事

多くの米国有名企業は、売上の一定割合をアメリカ以外で稼いでいます。

そのため、ドル高(≒円安)になると、ドル換算の海外売上が目減りし、収益を圧迫します。

アマゾンの2022年2Q決算では、

  • 前年同期比で売上高7%増加
  • ドル高の影響を除けば前年同期比10%の増加

と報告されています。

為替影響で、売上高が3%も減っているのです。

ドル高で米国企業の決算が悪くなり、株価に下落圧力がかかりました。

円安で円建て利回りはプラス

利上げにより株価は暴落しましたが、円建て換算だと、それを上回る円安メリットがありました。

購入タイミングにもよりますが、平均して15%〜20%ほど、円建ての利回りが上昇しています。

銘柄名為替影響なし利回り為替影響あり利回り
アップル13%32%
アマゾン-13%7%
アルファベット-11%5%
マイクロソフト+1%19%
セールスフォース-23%15%
運用成績(為替影響あり/なし)

外国株への投資は、良くも悪くも為替影響を受けることを実感しますね。

ただ、利上げでハイテク株は暴落する一方、これほどの円安メリットを受けたのは、正直想定外でした。

利上げ&円安を経た運用成績は?
保有銘柄の値動き

次に、各保有銘柄の値動きをNASDAQ総合指数と比較します。

”ハイテク株”と一言に言っても、業態で値動きが大きく異なることがわかるはずです。

後半では、コロナ禍で台頭したズームなどの新興銘柄とも比較しています。

アップル

アップルは、NASDAQ総合指数を24%もアウトパフォームしています!

NASDAQ総合指数:-11%
アップル:+13%


基本的に、NASDAQ総合指数と連動していますが、

  • 下げ相場における下げ幅は限定的
  • 上昇相場での上げ幅は指数を大きく上回る

という値動きになっています。

ホルダーとしても、7月以降は息つく間も無く、一直線に株価が回復していった印象です。2021年末につけた上場来高値($182)に迫る勢いで株価が伸びています。

攻めも守りもバランスの良い銘柄です。

マイクロソフト

マイクロソフトも、NASDAQ総合指数を11%ほどアウトパフォームする結果となりました。

NASDAQ総合指数:-11%
マイクロソフト:-0.38%

下げ相場での踏ん張り力は見事!

一方で、2022/6末以降の上げ相場での上昇率は並といった具合です。

WindowsやMicrosoft365、Azureといった法人ビジネスの根幹を握っていて業績が安定しており、値動きに安定感があります。

アルファベット

アルファベットは、NASDAQ総合指数とほぼ同様の結果となりました。

NASDAQ総合指数:-11%
アルファベット:-11%



事業環境としては、インフレ下で企業の広告出向の減少や、tiktokの台頭によるYoutube広告の伸び鈍化が気になるところです。

一方、Google Cloudは順調に育っていますので、経済正常化による広告ビジネスの再拡大や、自動運転など次世代ビジネスに期待です。

アマゾン

アマゾンは、NASDAQ総合指数を2%程下回る結果となりました。

NASDAQ総合指数:-11%
アマゾン:-13%

2022年1Qの赤字決算で4月頃に大暴落しましたが、底値をつけた後の脅威のリカバリーは見事です。

6月以降の上昇率は、同期間のアップルを凌ぐ上昇率です。

7月の2Q決算で、AWSなどの堅調な伸びに加え、足元のインフレで苦戦していたEC事業も正常化の兆しが見えてきたことがわかり、期待感が生まれています

セールスフォース

セールスフォースは、NASDAQ総合指数を12%下回りました。

NASDAQ総合指数:-11%
セールスフォース:-23%

セールスフォースは世界最大のSasSベンダーで、上場以来の株価は100倍になっている銘柄です。

現在も業績堅調なものの、株価に割高感があったため、下落局面で指標以上に売られてしまった印象です。

参考)ロビンフット・スナップ・ズーム

参考までに、コロナ禍で台頭したグロース株とも比較します。

ズーム・ロビンフット・スナップ、いずれもNASDAQ総合指数を大きく下回っています。

NASDAQ総合指数:-11%

ズーム:-63%
ロビンフット:-76%
スナップ:-83%

同じハイテク株でも、実績のあるGAFAMとスタートアップ的な企業では、下落局面における耐性も段違いでした。

利上げ&円安を経た運用成績は?
まとめ

本記事では、1年間アメリカ株をガチホした運用結果を大公開しました。

この記事のまとめ
  • 為替影響による業績悪化の一方で、円建て換算だとプラス影響も!
  • 利上げ&円安の下落局面でもGAFAMはやはり強かった!

アメリカ株投資に興味がある方は、取引手数料が無料のDMM証券の開設口座をオススメします。

【知らなきゃ損】米国株投資でDMM証券を使わないのはもったいない|取引手数料ゼロ&有料級の情報が手に入る【知らなきゃ損】米国株投資でDMM証券を使わないのはもったいない|取引手数料ゼロ&有料級の情報が手に入る

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事を読んでの感想・質問などは、下記お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA