【米国株】日本未上陸のGAFAM最新事業はこちら

マイクロソフトの10年後の株価を握る野心的な研究開発7選!次なるビジネスを生むビッグプロジェクトがあった

Microsoft(マイクロソフト)の10年後の株価のヒントとなる最新研究開発プロジェクト7選
悩み
悩み

マイクロソフト株が下落トレンド…。
将来性はある?

2022年から下落トレンドのマイクロソフト株。

今後の株価はどうなっていくのだろう?と心配な方も多いでしょう。

この記事の内容

マイクロソフトの10年後の株価を考えるためのヒントとなる、マイクロソフトの研究開発プロジェクトをご紹介します。

日本メディアではあまり報じられていませんが、実はマイクロソフトは長期目線での研究開発を多数行っています。

この記事を書いた人(くろや夫婦について)

マイクロソフトの壮大な研究開発プロジェクト7選

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Microsoft

米国マイクロソフトのニュースリリース等から、マイクロソフトの研究開発プロジェクトを7つご紹介します。

今回紹介する研究開発プロジェクトが、10年後には、マイクロソフトを支える大黒柱になっているかもしれません。

10年後の株価のヒントとして、研究開発の内容をチェックしていきましょう。

マイクロソフトの研究開発PJ①
Project Natick:
海中データセンター開発

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Project Natick:海中データセンター開発
引用元:Project Natick

「Project Natick」は、海中データセンターの実現可能性を検証するためのプロジェクトです。

これまで、データセンターといえば内陸地にあるものでしたが、実は2つの課題がありました。

  • 世界人口の約半数は沿岸付近に住んでいるため、内陸地からでは通信が遅延する
  • 通信速度を落とさないためにサーバを継続的に冷却する必要があり、大量の電力を消費する

これらの課題を解決するために、マイクロソフトは海中データセンターというアイデアを着想しました。

海中データセンターには、下記のメリットがあります。

海中データセンターのメリット
  • 海水の温度で自動冷却を行えるため、電力消費が少ない
  • 風力発電、太陽光発電などは沿岸にあることが多く、再生可能エネルギーを効率よく利用できる
  • 中を窒素で覆うことでマシンが酸化せず、メンテナンスコストが大幅削減可能

「Project Natick」は、3つのフェーズに分けて進められており、現在フェーズ2まで終了しています。

今後、世の中でのクラウドサービスがますます普及してく中で、データセンター技術の革新になるかもしれません。

マイクロソフトの研究開発PJ②
Project AirSim:
自立型航空機のシュミレーションプラットフォーム

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Project AirSim:自立型航空機のシュミレーションプラットフォーム
引用元:Project AirSim

「Project AirSim」は、AIを活用した自立型航空機のシュミレーションプラットフォームです。

高度な3Dシュミレーションにより街並みなどを再現し、自立型航空機の開発や訓練、テストを行います。

空の移動手段に関しては、下記の課題がありました。

  • 開発の際の訓練・テストに膨大な時間とお金がかかる
  • 従来のAIシュミレーションを利用するためには、ディープラーニングに関する深い知見が必要

「Project AirSim」は、AIが数秒で数百万回のフライトをドローンに学習をさせます。

現在、限定的なプレビュー版として提供されていますが、既に2件の導入実績があります。

AirSimの導入実績
  • Airtonomy(インフラ点検ドローンの開発会社)
    風力発電所の検査、石油タンクの漏れの検出などを行う自律型飛行体の訓練で利用。米国ノースダコタでは7ヶ月間冬が続く厳しい環境なので、バーチャル空間での開発・訓練が有効となっている。
  • BELL(ヘリコプター製造会社)
    ドローンの自律着陸能力を磨くためにプロジェクトAirSimを利用、AirSimを使うことで、数千の異なる着陸シナリオでAIモデルで訓練を行っている。

Project AirSumは、

  • 送電線などのインフラ検査
  • 混雑した都市での荷物や人の運搬
  • 狭い鉱山の奥深くや農地の上空での作業
  • 人の移動(空飛ぶ車)

などなど、潜在的な使用事例はほぼ無限大です。

マイクロソフトのビジネスに寄与する日もそう遠くはなさそうです。

マイクロソフトの研究開発PJ③
Project FarmVibes:
農業IoTプラットフォーム

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Project FarmVibes:農業IoTプラットフォーム
引用元:Project FarmVibes

「Project FarmVibes」は、マイクロソフトが持つクラウド・AI技術を用いて、データ駆動型の農業を支援します。

従来型の農業には、下記の課題がありました。

  • 農家は異常気象や水害など予測できない災害が起きる可能性がある
  • 農業機械の利用など、農業をする中でCO2を排出してしまっている
  • 農業におけるデータ収集不足により、災害や環境問題の解決が難しい

その課題を解決すべく「Project FarmVibes」は、農家が下記を実現するプラットフォームを提供することを目的としています。

  • 農家自身が排出するCO2削減量を測定すること
  • 天候変化を予測することで、天候に適応した農業をすること
  • 土壌の健康や農家の利益を最大化する適切な意思決定をできるようにすること

具体的には、下記のプロダクトが開発されています。

FarmVibesのプロダクト
  • FarmVibes.Connect
    農業IoTにおける課題は、農場に電波が届かないこと。FarmVibes.Connectはブロードバンド通信で未使用の周波数を利用するなど、独自の方法により農地に電波を運びます。将来的には宇宙からの直接通信を構想中です。
  • FarmVibes.Edge
    農地でデータを吸い上げたとしても、大量のデータを農地からデータセンターに送れるだけの強固な回線を用意するのは難しいです。「FarmVibes.Edeg」はドローンがとらえた大量のデータを、分析に必要なデータだけ抽出して、データサイズを圧縮します。
  • FarmVibes.AI
    農家がデータ駆動型農業に取り組むための、アルゴリズムのサンプルセット。肥料や除草剤の理想量と散布場所を予測するアルゴリズムなど、基本的なユースケースがプリセットされており、ディープラーニングの知識がない人でも活用できます。
  • FarmVibes.Bot
    上記の機能をチャットボットを介して利用可能としています。専用の機器がいらず、手元のスマホでインサイトが得られるのが特徴です。

FarmVibesはアフリカの一部の農家で既に利用されています。

マイクロソフトの研究開発PJ④
Project Silica:
石英ガラスにデータを保存

「Project Silica」は石英ガラスと呼ばれる高強度なガラスにデータを保存するプロジェクトです。

世界のデータ保存量は増加傾向にありますが、ストレージ技術の進化追いついていません

特に、長期保存が求められる「ハイバリューデータ」については、下記の課題がありました。
※ハイバリューデータ=非常に価値があったり、企業が保管を義務付けられているデータ

  • ハードディスクドライブ(HDD)や磁気テープは、磁気や温度変化にも弱い
  • 5年程度しか保管できず、その度にデータの移し替えが必要
  • 保管に膨大な手間・コストがかかっている

石英ガラスの寿命は数10年から100年。

煮沸したり、250℃のオーブンで焼いたり、電子レンジで加熱しても、データが無事に取り出せることが確認されています。

スーパーマンの書き込み&読み出しに成功

「Project Silica」は、マイクロソフトとワーナーブラザーズが共同で進めています。

2021年には映画「スーパーマン」全編をコースターサイズの石英ガラスへの書き込み&読み出しに成功しました。

ワーナーブラザースは、映画や劇場フィルム、1940年代のラジオなど歴史的資産を保管する事業を行っているため、長期安定して保存ができる技術として「Project Silica」に期待をしています。

将来的には、

  • 患者の医療データ
  • 金融規制データ
  • 法的契約

など、様々なハイバリューデータへの活用が期待されます。

マイクロソフトの研究開発PJ⑤
Project Misthu:
途上国に高速ブロードバンド通信を提供

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Project Misthu:途上国に高速ブロードバンド通信を提供
引用元:Project Misthu

「Project Misthu」は、高速インターネット通信を享受できない途上国の人向けに高速通信網を提供しています。

世界には80億人ほどの人口がいますが、高速ブロードバンド通信を利用できているのは、ほんの一握りです。

スマホでの動画視聴は年率83%の上昇が見込まれているにも関わらず、動画視聴に耐えらえる通信網の提供が行き渡っていないという課題があります。

「Project Mishtu」はコンビニなどに、クラウド、サテライトベースのネットワーク網を敷いて、高速ブロードバンド通信を提供します。

現在、SESやErosという現地のメディアと連携することで、高速ブロードバンド通信を提供するだけでなく、それらのメディアが提供する娯楽・教育コンテンツなどにアクセス可能となります。

現在、インドの10ヶ所でサービスが提供されています。

もしこの計画が広範にスケールすると、

  • 1000億ドルの経済効果
  • 20億ドル分の新しい仕事

が生まれると考えられています。

マイクロソフトの研究開発PJ⑥
Microsoft Mesh:
XRプラットフォーム

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Microsoft Mesh:XRプラットフォーム
引用元:Microsoft Mesh

「Microsoft Mesh」とは、Azure 上に構築された3Dベースの複合現実プラットフォームです。いわゆるメタバースです。

Microsoft Meshは、メタバースのOSのようなもので、この上で様々なアプリケーションが提供される目論見です。

現在は下記のようなアプリケーションがマイクロソフトにより提供されていますが、今後外部開発のアプリの提供が考えられます。

提供アプリケーション
  • MeshMicrosoftTEAMS
    オフィスワークなどビジネスシーン利用
  • Mesh Apps for Hololense
    VRゴーグルを利用したコラボレーション
  • AltspaceVR
    マイクロソフトが2017に買収したVRプラットフォーム

特に「Mesh MicrosoftTEAMS」は、TEAMSを利用していれば無料で使えるので、利用のハードルが低いのが特徴です。

また、現代のオフィスワークに必須のエクセル、パワポなどのM365製品との連携がしやすく、ビジネスシーンでの利用に優位です。

既に研修や遠隔支援など、リモートワークでのコラボレーションツールとして活用されています。

VRゴーグル開発

ちなみに、マイクロソフトはVRゴーグル「Hololense」も自社で開発しています。

膨大なユーザーを抱えるマイクロソフトがプラットフォームを提供することで、メタバース普及に向けた起爆剤となり、マイクロソフトのへの収益貢献が期待されます。

マイクロソフトの研究開発PJ⑦
Azure Quantum:
量子コンピューター as a service

マイクロソフトの10年後の株価を考える|Azure Quantum:量子コンピューター as a service

「Azure Quantum」マイクロソフトはAzure上で、量子コンピューター機能をサービス提供します。

量子コンピューターは、既存コンピューターの1億倍の計算スピードを持つと言われる画期的な発明ですが、自社で開発・メンテナンスにするには膨大なコストがかかってしまいます。

そんな中、マイクロソフトは量子コンピューター機能をクラウドで提供することで、誰もが量子コンピューターを利用できる世界を目指しています。

「Azure Quantum」はフェーズ1、2、3に分けて進められており、現在はフェーズ2が行われています。

エコシステム作り

マイクロソフトはその他にも、

  • 量子コンピューターに特化した開発者同士のコミュニティ「AzureQuantumNetwork」の運営
  • 量子関連のスタートアップに対する支援

なども行っており、エコシステムづくりにも早期から注力 しています。

量子コンピューターは、医療、金融など様々な分野における、高度な分析やモデリングなどへの活用が期待されています。

量子コンピュータにおけるマイクロソフトの影響力ますます大きくなりそうです。

米国株で効率的に稼ぎたいあなたへ

引用元:STREAMホームページ

米国株で効率的に稼ぎたいあなたには、スマホ証券「STREAMで取引することをオススメします。

通常、証券会社で取引をする際は、株を売買するたびに取引手数料がかかりますが、STREAMなら従来型株式手数料がずーっと0円!

いつでも何回でも無料なのは、STREAMだけです。

くろや夫
くろや夫

手数料は、少額に思えるけど、株取引の回数を重ねるほど大きな金額になっていくよ

くろや妻
くろや妻

チリツモだけど、侮れないね!

実際私たちくろや夫婦は、STREAMをローンチ初日からベビロテしていますが、手数料無料のメリットをかなり享受していると実感しています。

手数料無料以外にも、

  • SNS機能つきで投資の情報収集できる
  • スマホ最適の分かりやすいUI

などの機能もあり、STREAMは投資家にメリットが大きいサービスなので、まずは無料登録だけでもしてみるのがオススメです。

なんと今なら、無料口座開設で最大5,000円相当の株がもらえます

STREAM

>>STREAMの無料口座開設はこちら

STREAMについて、もっと知りたい方は、下記の記事もあわせてお読みください。

株アプリ【STREAM(ストリーム)】のメリット&デメリット!ローンチ初日から5年間ヘビロテして分かったこと

マイクロソフトの壮大な研究開発プロジェクト7選
まとめ

本記事では、マイクロソフトの壮大な研究開発プロジェクト7つご紹介しました。

この記事のまとめ

マイクロソフトの次なるビジネスの種まき(研究開発)は着々と進んでいるように見えます。

この内容を参考に、マイクロソフトの10年後の株価を考えてみてはいかがでしょうか。

米国株投資で、より豊かな人生を描きましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA