CHECK!2022年最新のオススメサイドFIRE本3選

ジェフ•ベゾスやアマゾンの過去・未来が分かるオススメ本7選

ジェフ•ベゾスやアマゾンの過去・未来が分かるオススメ本7選
疑問
疑問

アマゾンのビジネスをもっと詳しく知りたい!

2022年に入り、短期的には大幅な下落をしているアマゾン株ですが、上場来では約400倍に値上がったお宝銘柄でもあります。

これからのアマゾンのビジネス・株価に関心がある方も多いでしょう。

本記事では、そんなアマゾンのこれからを考えるヒントとなる、アマゾン関連のビジネス本をご紹介します。

この記事の内容

アマゾンのこれからを考えるヒントとなる、厳選おすすめアマゾン本7選をご紹介します

おすすめAmazon(アマゾン)本7選

アマゾン化する未来 べゾノミクスが世界を埋め尽くす

タイトルアマゾン化する未来 べゾノミクスが世界を埋め尽くす
著者ブライアン・デュメイン
発行年月2020年10月
定価1,800円(税抜)
参照元:ダイヤモンド社

1冊目は「アマゾン化する未来 べゾノミクスが世界を埋め尽くす」です。

ベゾスが創業時に描いた「フライホイール」というビジネスモデルが、AI等の技術革新により巨大化し、資本主義全体に影響を及ぼす様を、著者は「べゾノミクス」と呼んでいます。

また、投資家や起業家は、ベソノミクスから何を学ぶべきか?が解説されています。

好むと好まざるとにかかわらず、アマゾンは世界経済においてますます大きなシェアを占め続ける。ベゾノミクスがどのように重要な転換点をもたらすのか、どのように社会を揺るがすのかを知り、ハッキングせよ!

引用元:ダイヤモンド社

Amazon Mechanism イノベーション量産の方程式

タイトルAmazon Mechanism イノベーション量産の方程式
著者谷 敏行
発行日2021年11月29日
定価1,800円(税抜)
参照元:日経BP

2冊目は「Amazon Mechanism イノベーション量産の方程式」です。

創業20年、従業員数100万人を突破する”大企業”であるアマゾンが、日本的な大企業とは一線を画し、継続的なイノベーションを生むメカニズムが体系的にまとめられています。

【ベンチャー企業の環境】×【大企業のスケール】- 【大企業の落とし穴】= 【最高のイノベーション環境】

引用元:日経BP

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

タイトルジェフ・ベゾス 果てなき野望
著者ブラッド・ストーン
発行日2014年1月14日
定価1,800円(税抜)
参照元:日経BP

3冊目は「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」です。

ベゾスやアマゾンの生い立ちや、赤字を全く厭わず「先行投資」を続ける独特の経営手法に迫ったノンフィクション本です。

300回以上の関係者への取材や、40年以上音信不通だった実の父も探し立てて取材をした力作です。

ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」にはとどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。

引用元:日経BP

ジェフ・ベゾス 発明と急成長をくりかえすアマゾンをいかに生み育てたのか

タイトルジェフ・ベゾス 発明と急成長をくりかえすアマゾンをいかに生み育てたのか
著者ブラッド・ストーン
発行日2022年4月25日
定価2,200円(税抜)
参照元:日経BP

4冊目は「ジェフ・ベゾス 発明と急成長をくりかえすアマゾンをいかに生み育てたのか」です。

「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」の続編として、2022年4月に出版された最新本です。

ECやAWSなどで輝かしい成功を収めたアマゾンが、どのようにビジネスを拡張させようとしているのか。アマゾンの最新の取り組みが学べる本です。

止まらない発明、秘密のプロジェクト、大失敗、歴史に残る成功と急成長、圧倒的な権力、うずまく不満と批判、不倫、離婚、再建、パンデミック、退任――。

アマゾン創業者にして、20兆円超の個人資産で世界一の富豪となったジェフ・ベゾスとアマゾンに、トップジャーナリストが鋭く切り込む!

引用元:日経BP

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

タイトルthe four GAFA 4騎士が創り変えた世界
著者スコット・ギャロウェイ
発売日2018年7月27日
定価1,800円(税抜)
参照元:東洋経済新聞社

5冊目は「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」です。

Google、Facebook(現 Meta Platform)、Appleを含めた「GAFA」の括りで、それぞれがどのように世界を創り変え、支配するに至ったかが描かれています。

2019年に最も読まれたビジネス書として、「ビジネス書大賞」「読者が選ぶビジネス書グランプリ」を受賞しています。

小売業はアメリカ経済全体としては成長していない。ということは、アマゾンが成長している分、どこかほかのところが衰退しているはずだ。敗者が誰なのかと言えば、アマゾン以外の全てである。

引用元:東洋経済新聞社

アマゾン式変わり続ける力

タイトルアマゾン式 変わり続ける力
著者佐藤 将之
出版年月日2021年2月18日
定価1,600円(税抜)
参照元:‎ 大和書房

6冊目は「アマゾン式変わり続ける力」です。

アマゾンジャパンの立ち上げメンバーとして在籍していた著者が、新しいイノベーションを生み続けるための経営論について語ります。

世界各国に展開する巨大企業でありつつも、イノベーターであり続けるアマゾンの組織がわかる本です。

「変われない日本企業」が変わるために必要なアマゾン式最強経営論!

引用元:大和書房

アマゾンの最強の働き方

タイトルアマゾンの最強の働き方
著者コリン・ブライアー
発行年月2022年1月
定価2,200円(税抜)
参照元:ダイヤモンド社

7冊目は「アマゾンの最強の働き方」です。

12年もの間、米国アマゾンに在籍した著者が、アマゾンの働き方から経営手法まで、アマゾンの成功の秘訣を具体的に記しています。

特に働き方については、真似できる要素も多く、とても参考になります。

アマゾンが掲げている「14の行動規範」、顧客のニーズからさかのぼって発想する思考法「ワーキング・バックワーズ」、パワポを使わずに「6ページ資料」の黙読から進める会議法、次々と基準を上げていく人材採用法「バー・レイザー方式」といった、アマゾンの独自の仕組みを、誰もが導入できるよう体系化。

引用元:ダイヤモンド社

おすすめAmazon(アマゾン)本7選
まとめ

本記事では、アマゾンの過去・現在・未来を知れるオススメ本を紹介しました。気になった本があれば、ぜひ手に取ってみてください。

また、アマゾンの5年後・10年後を占う、日本未上陸の最新サービスなどについては下記の記事でまとめています。米国アマゾンのプレスリリースなどから最新の情報をピックアップしています。

アマゾン(Amazon)の5年後の株価を考える|カギを握るのは日本未上陸の7つの最新事業 アマゾン(Amazon)の10年後の株価を考える|野望に満ちた壮大なインフラ投資3選

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA